CountermeasureBCP対策

BCP対策

BCP対策の画像1

BCPとは、Business Continuity Plan(事業継続計画)の略称です。
これは、災害などのリスクが発生しても重要業務が中断しないようにし、また、仮に中断しても、可及的速やかに復旧・再開できるようにあらかじめ備えておく行動計画のことです。
私たちは、住まいをつくり、お客様に幸せな暮らしをご提供するためにも、事業を継続し、末永くサポートできるように備えなければならないと考え、予期せぬリスクへの対策を行っております。

クラウドサーバーの導入

株式会社日立システムズ様のご協力のもと、社内のファイルサーバーをクラウドサーバーに移行し、会社の情報は全て、外部データセンターで管理をしております。
専門のデータセンターに置くことで、火災・故障・停電等リスクに対するデータの保守性が、格段に向上します。 災害等の不測の事態が発生しても、大事な情報を損なうことなく、事業を安定して継続していける体制を整えています。

安否確認システムの導入

地震などの災害が発生した場合、社員に安否確認のメールを送信し、安否の確認や被害状況の報告などが行えるシステムを導入しています。
東日本大震災の際に発生した、回線パンクによる携帯電話不通や、交通機関停止による出社不能の状況であっても、社員の状況確認を可能とすることにより、災害発生後の行動立案・意思決定を迅速に行えるようにしております

テレワーク環境の整備

全社員がテレワークを行えるよう環境を整えています。災害により出社が出来ない状態になっても、在宅にて業務が行えるため、事業の継続が可能です。
2020年4月に新型コロナウィルスによる非常事態宣言が発令された際は、テレワーク環境をフル活用し、在宅業務を中心とした体制で、事業を継続いたしました。

会社情報に関するお問い合わせはこちらから

会社情報に関するお問い合わせは、こちらの入力フォームよりご連絡いただきますようお願いいたします。

03-3928-1811