【完売】Modula上北沢3丁目【土地分譲】|物件情報|Modula|注文住宅・新築分譲住宅・土地

Modula上北沢3丁目

おかげ様でご成約となりました。

世田谷区上北沢3丁目アドレス

知られざる高級住宅地「上北沢三丁目」
世田谷100景に選ばれる 肋骨通り がこの街を彩る

「駅5分の贅沢」

駅5分という立地は時間にゆとりを生み、そこで生まれた時間は新たな価値となっていく。
朝の準備にできる余裕。
「ON」を時短しながら、「OFF」をくつろぐ贅沢な時間。

美しい時間

落ち着いた住環境を育んできた上北沢3丁目。
ナチュラルで優しいく柔らかな光を取り込むシンプルで美しさが追求した空間。

画像はイメージです(Modula松庵)

アクセス

「京王線」「都営新宿線」2路線利用で叶う都心アクセス

未来へつながる価値

京王電鉄京王線(笹塚駅~仙川駅間)
連続立体交差事業

 

京王では、東京都及び地元区とともに、京王電鉄京王線の笹塚駅から仙川駅間付近にかけて、道路と鉄道との連続立体交差事業を行っています。

これにより代田橋駅・明大前駅(京王線)・下高井戸駅・桜上水駅・上北沢駅・芦花公園駅・千歳烏山駅は高架駅となります。

私たちの家づくり

  • 優れた耐震性
  • 強く美しい木の家

SE構法の特徴

  • 優れた耐震性が表現できる理由
    木材は、強度が強く品質が安定している「構造用集成材」を使用。
    部材は、精度の高い指定プレカット工場で加工。
    特殊な金物を使用することで柱と梁の接合部の断面欠損を少なくし「連続した揺れ」に対応。
    「柱脚金物」という特殊な金具で基礎と柱を直接連結することで高い引き抜き強度を実現。
  • 強く美しい木の家が作れる理由
    重量鉄骨造のような「柱」と「梁」が強固に接合されている「ラーメン構造」を採用。地震大国日本において日本人が最も住みたいと願う「木の家」に必要 な耐震性を確保。
    立体解析によって構造計算を全棟で実施。すべての家は立地条件が異なりプランが違います。常に「あなたの家だけのための構造計算」を行なっています。

構造建築家、播繁氏が開発

構造建築家 播 繁ばん しげる

大規模建築物の技術を、あなたの家にも。

数々の超高層ビルや大規模ドームの構造設計を手がけてきた播繁氏。
「日本住宅の空間や素材感が好きだった」と言うは播氏は、壁が増え、木の温もりが消え、日本の家らしさが失われていく傾向の中で、現代の技術力による「日本住宅の空間の再生」を構想します。そして1995年、阪神淡路大震災が発生します。
木造住宅の脆弱さが犠牲者を増やしてしまったこの震災を教訓に、SE構法の開発は一層急がれることになりました。欧米由来の大断面集成材と、日本的な木組みの美学。大規模木造建築と一般住宅。双方に造詣の深い播氏によって、構造計算による「木造でも鉄骨に負けない強靭な家」が生み出されたのです。

強く美しい木の家で快適に暮らす「SE構法」

システム化された木造ラーメン構法。それが「SE構法」です。

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げる。従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れたのが「SE構法」です。

しかし、強度計算の出来る均質な部材を前提としている為日本の木造住宅にラーメン構法を取り入れようという発想は、存在しませんでした。それは、地震大国日本において日本人が最も住みたいと願う「木の家」に必要な耐震性を確保する構法が存在しない事を意味していました。

SE構法が実現したのは、住む人の安心と安全。地震に負けない強さと木造の美しさの両立だったのです。

SE構法で実現できる空間

物件概要
OVERVIEW

物件名 Modula上北沢3丁目
交通 京王線「上北沢」駅 徒歩5分
敷地面積 122.62㎡(37.09坪)~161.07㎡(48.72坪)
販売区画 全3区画
現況 完売
PAGE TOP